ドリア(英語表記)Doria, Andrea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドリア
Doria, Andrea

[生]1466.11.30. オネリア
[没]1560.11.25. ジェノバ
イタリア,ジェノバの政治家,提督,コンドッティエーリ (傭兵隊長) 。ジェノバの古い貴族の出身。幼い頃親を亡くし,傭兵隊長として身を立てる。教皇,ナポリ王などに仕えたあと,1503~06年コルシカの反乱を平定。その後自弁で艦隊を編成しオスマン・トルコや海賊と戦った。次いでフランス王フランソア1世に仕えて,ジェノバのスペインからの解放に努力するが,フランス国王が約束違反を犯したことを理由に神聖ローマ皇帝カルル5世側に移り,28年ジェノバの支配者の地位を得た。カルルによってさらに帝国艦隊提督の地位を与えられてトルコとの戦いを続け,35年チュニジア征服に貢献。 47年ジェノバの反対派貴族 G.フィエスキの陰謀を摘発して残酷な処罰を加えた。その行動については権力的性格を伴っていたが,軍事的・外交的才能によってジェノバの独立と自由を守り続けた功績でジェノバの民衆から敬愛された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ドリア【doria(フランス)】

バターライスまたはピラフの上にベシャメルソースをかけ、オーブンで焼いた料理。◇神奈川県横浜市にあるホテルニューグランドが1927(昭和2)年に開業したときの料理長だったサリー・ワイルが考案したものとされる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ドリア【doria】

バター-ライスまたはピラフにホワイト-ソースをかけて天火で焼いた料理。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドリアの関連情報