コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルジーニン ドルジーニンDruzhinin, Nikolai Mikhailovich

2件 の用語解説(ドルジーニンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドルジーニン
ドルジーニン
Druzhinin, Nikolai Mikhailovich

[生]1886.1.13. クルスク
[没]1986.8.8.
ソ連の歴史家。 1953~64年科学アカデミー会員。モスクワ大学を卒業後,科学アカデミー付属歴史研究所共産党上級学校などに勤務。 19世紀の政治・経済史の研究で指導的な役割を果した。特にデカブリストの研究,ロシアにおける資本主義発達史の研究が有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドルジーニン
どるじーにん
Александр Васильевич Дружинин Aleksandr Vasil'evich Druzhinin
(1824―1864)

ロシアの小説家、批評家、ジャーナリストデビュー作『ポーリニカ・サックス』(1847、『現代人』誌掲載)は写実的な作風で、ジョルジュ・サンドに啓発されて女性の権利をテーマとしたもの。思想的にはリベラルで、文学の社会的効用を強調する『現代人』誌一派とたもとを分かち、純粋芸術を支持する側に回った。[藤家壯一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ドルジーニンの関連キーワードナンバースクール岩石区帝国大学スティーブンソン帝国大学クラークベックマン他形ひん岩帝国大学

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone