コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドル買い事件 ドルカイジケン

2件 の用語解説(ドル買い事件の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ドルかい‐じけん〔‐かひ‐〕【ドル買い事件】

昭和6年(1931)財閥系銀行などが金輸出再禁止を見越してドル為替を大量に買い入れ、円相場下落後、巨額の為替差益を得た事件。軍部・右翼による財閥攻撃をもたらし、ファッショ化を進める一因となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ドルがいじけん【ドル買い事件】

1931年(昭和6)満州事変直後、日本の金輸出再禁止に伴う円為替相場の下落を見越して、財閥系銀行・外国銀行が大規模にドル買いを行なった事件。若槻内閣は12月に総辞職、犬養内閣が金輸出再禁止をしてドル買い側は巨利を得た。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ドル買い事件の関連キーワードドイツ映画ダイハツ三輪車第1号車(HA型)谷川岳井上財政満州事変南国太平記艾蕪パプストプラクネット球枕状構造

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone