コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドロステ・ヒュルスホフ Annette von Droste‐Hülshoff

1件 の用語解説(ドロステ・ヒュルスホフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドロステ・ヒュルスホフ【Annette von Droste‐Hülshoff】

1797‐1848
ドイツの詩人。ウェストファーレンの古い男爵家の娘として生まれ,ボーデン湖畔の館で世を終えるまで,外面的には格別の波乱を経験することもなしに,独身のままほぼ平穏な生涯を送った。しかし外部生活が静かだっただけ,内向した思念の奥行きは一層深められ,そこから数々の精妙な作品が生み出された。敬虔なカトリック信者として宗教詩の類も多く書いたが,何よりも,自然の形象をその細部にいたるまで丹念に確かめながら,細密画の風景のように表現する手法が特徴的である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドロステ・ヒュルスホフの関連キーワード大ドイツ主義西ドイツハイネウェストン祭ウエストファリアドイチェスエック統一ドイツノルトラインウェストファーレンドイツの小さな町ウェストランド種 (Westland)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone