コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドワルス Dwars, Bernardus Wilhelmus

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ドワルス Dwars, Bernardus Wilhelmus

1844-1880 オランダの薬剤師。
1844年7月11日生まれ。明治6年(1873)来日,大阪の私立洋式薬局精々舎で薬品の検査,製薬にあたる。8年新設の官立大阪司薬場教師。内務省の依頼で京都司薬場教師のヘールツとともに「日本薬局方」草案の作成にあたった。12年帰国。1880年6月27日死去。35歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

ドワルス

没年:1880.6.27(1880.6.27)
生年:1844.7.11
明治期に来日したお雇い外国人。オランダ人薬剤師。オランダ中部ズウォーレに生まれる。地元の薬局に勤め,1871年薬剤師資格試験に合格。アムステルダム大文理学部の化学・中毒学教授J.W.グンニンダの助手となり,砂糖分析局の化学研究室に勤務。明治6(1873)年来日して大阪今橋の私営洋式薬局精々舎に勤め,薬品検査,製薬などを委嘱されて薬学教育も行った。実績を買われ,8年発足の官立大阪司薬場に精々舎メンバーと共に参画する。12年2月に任満ちて帰国し,アムステルダム砂糖工場に勤務したが,1年足らずで急死した。<参考文献>J.W.フェルブルクト《Four Dutch Pharmacists in Japan 1869~1885》

(宗田一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ドワルスの関連キーワードエンゲルス紙幣整理チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)バンディエラ兄弟曲芸ペテーフィマルクス経済学ドワルスアブドゥル・ラフマーン・ハーンブラウン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android