コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドースブルフ Doesburg, Theo van

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドースブルフ
Doesburg, Theo van

[生]1883.8.30. ユトレヒト
[没]1931.3.7. ダボス
オランダの画家,美術評論家,建築家。本名 Christian Emil Marie Küpper。 1917年ライデンで P.モンドリアンとともに雑誌『デ・ステイル』 (1917~31) を創刊し,抽象美術とデザイン,建築の総合化を目指した運動を展開。 1924年エレメンタリズムを提唱,その作風は造形要素を最も基本的形態に還元し,色彩も青,赤,黄の三原色と白,黒,灰に限定して画面を創造した。水平線と垂直線を本質とするモンドリアンに対し対角線を基本とするもので,このためモンドリアンと決別。ダダにも関心を示し,ダダ的な詩のほか雑誌『メカノ』を刊行。小説も書き多彩な活動をした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドースブルフ
どーすぶるふ
Theo van Doesburg
(1883―1931)

オランダの画家、室内装飾家、美術評論家。本名Christia an Emil Marie Kpper。8月30日ユトレヒトに生まれる。独学で絵画を学び、1910年ごろからキュビスムの影響を受けた。17年モンドリアンらとデ・ステイルを結成し、同名の機関誌の編集を担当した。新造形主義に触発されその原理にのっとって抽象的なコンポジションを描く一方、機関誌を舞台に評論活動を始め、20年代にはドイツのバウハウスに接近し、ヨーロッパを講演旅行してデ・ステイルの理念の国際化に努めた。22年ドイツのダダイスト、シュビッタースとオランダの主要都市で「ダダ巡業」を行う。24年以降、直角的な構成に対角線を導入してダイナミックな効果をねらい、26年これを「エレメンタリズム」Elementarismと命名し、モンドリアンと一線を画した。アルプとレストラン「オーベット」を装飾(現存せず)。30年雑誌『具体芸術』を刊行。「抽象=創造(アプストラクシオン・クレアシオン)」のグループでも重要な位置を占めるなど国際的に活躍、31年3月7日スイスのダボスで没した。[野村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ドースブルフの関連キーワードリートフェルトオランダ美術新造形主義実験映画アウト

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android