コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドースブルフ ドースブルフ Doesburg, Theo van

2件 の用語解説(ドースブルフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドースブルフ
ドースブルフ
Doesburg, Theo van

[生]1883.8.30. ユトレヒト
[没]1931.3.7. ダボス
オランダの画家,美術評論家,建築家。本名 Christian Emil Marie Küpper。 1917年ライデンで P.モンドリアンとともに雑誌『デ・ステイル』 (1917~31) を創刊し,抽象美術デザイン,建築の総合化を目指した運動を展開。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドースブルフ
どーすぶるふ
Theo van Doesburg
(1883―1931)

オランダの画家、室内装飾家、美術評論家。本名Christia an Emil Marie Kpper。8月30日ユトレヒトに生まれる。独学で絵画を学び、1910年ごろからキュビスムの影響を受けた。17年モンドリアンらとデ・ステイルを結成し、同名の機関誌の編集を担当した。新造形主義に触発されその原理にのっとって抽象的なコンポジションを描く一方、機関誌を舞台に評論活動を始め、20年代にはドイツのバウハウスに接近し、ヨーロッパを講演旅行してデ・ステイルの理念の国際化に努めた。22年ドイツのダダイスト、シュビッタースとオランダの主要都市で「ダダ巡業」を行う。24年以降、直角的な構成に対角線を導入してダイナミックな効果をねらい、26年これを「エレメンタリズム」Elementarismと命名し、モンドリアンと一線を画した。アルプとレストラン「オーベット」を装飾(現存せず)。30年雑誌『具体芸術』を刊行。「抽象=創造(アプストラクシオン・クレアシオン)」のグループでも重要な位置を占めるなど国際的に活躍、31年3月7日スイスのダボスで没した。[野村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドースブルフの関連キーワードユトレヒトユトレヒト条約ユトレヒト同盟誰一人ユトレヒト交響楽団ユトレヒト古典音楽祭ユトレヒト詩篇《ドルトレヒト規定》ユトレヒト聖堂ユトレヒト天文台

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone