コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナウマン象 ナウマンゾウ

2件 の用語解説(ナウマン象の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ナウマン‐ぞう〔‐ザウ〕【ナウマン象】

第四紀更新世後期に栄えたゾウの一種。中国から日本にかけての温帯地域に生息し、化石が日本各地から発見される。肩高約3メートル、牙は長さ約2メートルで湾曲し、前肢が太い。名はE=ナウマンにちなむ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ナウマンぞう【ナウマン象】

更新世の後半、日本や中国大陸北部などに分布したゾウ。体高約3メートル。長い牙は内側に向かって湾曲する。臼歯の表面は洗濯板状の畝うねを刻む。北海道から九州まで、各地で化石が発見される。 〔名称は地質学者ナウマンにちなむ〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナウマン象の関連情報