コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナカジロシタバ

3件 の用語解説(ナカジロシタバの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ナカジロシタバ

鱗翅(りんし)目ヤガ科の1種。中型のガで,開張35mm内外,黒色,前翅に波状紋があり,後翅の基半は白色。暖地の種類で,本州中部以西〜台湾,中国を経てヨーロッパ中南部に分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ナカジロシタバ【Aedia leucomelas】

鱗翅目ヤガ科の昆虫。アフリカからアジアオーストラリアの熱帯に広く分布し,サツマイモの害虫として著名である。開張約3~3.5cm。前翅は黒褐色,後翅は白色で外縁部に黒色帯がある。日本では本土南西部と琉球でほぼ一年中発生するが,中部以北では少なく,秋に北上するものと思われる。世界的なサツマイモの栽培化に伴って分布を拡大したことは疑いがない。【杉 繁郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナカジロシタバ
なかじろしたば / 中白下翅
sweetpotato leaf worm
[学]Aedea leucomelas

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤガ科に属するガ。はねの開張30~35ミリ。前翅はほとんど黒褐色で、中央部に4、5個の小白斑(はくはん)があり、その下に黒線が走る。後翅は基部に近い部分が白く、外半は黒褐色。温暖地のガで、年に3、4回発生する。成虫は春から秋にみられ、夜行性で、よく灯火に飛来する。幼虫はサツマイモの葉を食べる害虫で、ときに大発生して大きな被害を与える。幼虫の体長は約45ミリ、体は細長く、刺毛は短くほとんど目だたない。地色は灰青色で、黒点が密にあり、全体に黒くみえることが多い。背面には橙(だいだい)色の線がある。老熟幼虫態のまま土中の繭の中で越冬し、春に現れて蛹化(ようか)する。発生は不規則で、幼虫は春から秋までつねにみられる。本州中部以南から琉球(りゅうきゅう)諸島の全域、アジア、南太平洋諸島、オーストラリア、アフリカおよびヨーロッパの広域に分布する。東北地方で散発的に秋に成虫がみられることがあるが、寒地には土着していない。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナカジロシタバの関連キーワードアジアアフリカ会議アジア象アフリカ象アフリカ舞舞蝙蝠蛾跳鼠虎蛾ブラックアフリカ夜蛾サブサハラアフリカ

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone