コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガイボグモ(長疣蜘蛛) ナガイボグモtwo‐tailed spider

世界大百科事典 第2版の解説

ナガイボグモ【ナガイボグモ(長疣蜘蛛) two‐tailed spider】

ナガイボクモ科のクモ。体長は雌10mm,雄7mm。体は扁平で暗灰色の地に灰白色の縦斑がある。沖縄,台湾,中国南部からインドまで分布し,林間にすむ。木肌によく似ているので,樹幹にへばりついていると,さがすのが困難。脚は体に比べて細く長いが第3歩脚は極端に小さい。和名,英名ともに体長に等しい長さの糸疣(しゆう)をもっているためと思われる。8本の歩脚を四方に広げて樹幹に静止し餌のくるのを待ち,そばに昆虫などがくると,腰を浮かしてようすをうかがい,昆虫が静止すると一歩一歩後ずさりをし,昆虫から見えなくなる幹の後側まで下がると,長い糸疣をふりながら粘る糸をぴゅっと昆虫めがけて飛ばす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナガイボグモ(長疣蜘蛛)の関連キーワード胆嚢良性腫瘍ツベルクリン検査ヒメエボシ(姫烏帽子)ムレスズメオオハナノミシミ類ハゴロモチョウカイフスマ(鳥海衾)美浜原発蒸気噴出事故

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android