コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガイボグモ(長疣蜘蛛) ナガイボグモ two‐tailed spider

1件 の用語解説(ナガイボグモ(長疣蜘蛛)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナガイボグモ【ナガイボグモ(長疣蜘蛛) two‐tailed spider】

ナガイボクモ科のクモ。体長は雌10mm,雄7mm。体は扁平で暗灰色の地に灰白色の縦斑がある。沖縄,台湾,中国南部からインドまで分布し,林間にすむ。木肌によく似ているので,樹幹にへばりついていると,さがすのが困難。脚は体に比べて細く長いが第3歩脚は極端に小さい。和名,英名ともに体長に等しい長さの糸疣(しゆう)をもっているためと思われる。8本の歩脚を四方に広げて樹幹に静止し餌のくるのを待ち,そばに昆虫などがくると,腰を浮かしてようすをうかがい,昆虫が静止すると一歩一歩後ずさりをし,昆虫から見えなくなる幹の後側まで下がると,長い糸疣をふりながら粘る糸をぴゅっと昆虫めがけて飛ばす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナガイボグモ(長疣蜘蛛)の関連キーワード足長蜘蛛美しくも鬼蜘蛛畏くも黄金蜘蛛子守蜘蛛女郎蜘蛛葉蜘蛛

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone