コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロアリモドキ

百科事典マイペディアの解説

シロアリモドキ

昆虫綱の中の1目の総称。紡脚(ぼうきゃく)目ともいう。日本に2,3種,世界から約2000種が知られる。不完全変態で,一見シロアリに似る。前肢の第1ふ節に糸腺をもち,糸をつむぎ出して筒状の巣をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロアリモドキ
しろありもどき / 擬白蟻
web-spinners

昆虫綱シロアリモドキ目Embioptera(紡脚(ぼうきゃく)目)の昆虫の総称。不完全変態をする細長い小形の昆虫で、世界の熱帯地域を中心に約200種が知られ、日本には3種が生息する。コケシロアリモドキは、九州の海岸地域と奄美(あまみ)大島に分布し、地衣類などが生えた樹幹のくぼみに絹糸で巣をつくり、少数の個体が集団で生活している。タイワンシロアリモドキは、台湾から沖縄の八重山(やえやま)列島にかけて分布し、石の下や落ち葉、枯れ枝の間などに営巣する。シロアリモドキは、沖縄本島に分布の記録がある。この類最大の特徴は、前肢第1(ふせつ)に絹糸腺(けんしせん)をもつことで、扁平(へんぺい)に大きくなった節の中に多数の絹糸腺があって、絹糸液は第1、第2節の下面にある剛毛の中を通って分泌される。この絹糸でテント状やトンネル状の巣をつくり、少数個体が集団生活をする。雄はときに灯火に集まり、ほぼ同じ大きさのはねをもつが、雌は一般に無翅(むし)で、巣の中で子を育てる。[森本 桂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シロアリモドキの関連キーワードコケシロアリモドキ(苔擬白蟻)シロアリモドキ(擬白蟻)シロアリモドキ類苔擬白蟻白蟻擬絹糸腺外翅類紡脚類昆虫綱擬白蟻森本

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android