コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムレスズメ Caragana sinica Rehd.

2件 の用語解説(ムレスズメの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムレスズメ【Caragana sinica Rehd.】

中国原産のマメ科落葉低木で,観賞のため庭園に栽培される。高さ1~2m,枝は無毛で,節にとげがあり,葉を互生する。葉は羽状複葉で,4小葉がある。葉軸は先端に針状突起があり,小葉が落ちても残存してしだいに木質化し,長さ1~1.5cmのとげとなる。小葉は倒卵形で,上部の1対は下部のものよりも大きく,長さ1~3cm,幅5~10mm,無毛,先は丸いかややへこむ。托葉は葉柄の基部につき,針状で太い中肋があり,後に木質化して長さ5~10mmの鋭いとげに変わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムレスズメ
むれすずめ / 群雀
[学]Caragana chamlagu Lam.

マメ科の落葉低木。高さ1~2メートル。小枝は稜角(りょうかく)があり、株立ち状になる。葉は偶数羽状複葉で、長枝には互生、短枝には束生する。小葉は4枚、長楕円(ちょうだえん)形で長さ2~2.5センチメートル、縁(へり)に鋸歯(きょし)はない。古い葉軸はじょうぶな刺(とげ)になって残る。4月、葉腋(ようえき)に長さ2.5~3センチメートルの黄色の蝶形花(ちょうけいか)が下向きに1~2個開く。花はのちに淡紅色を帯び、萼(がく)は筒状で先が浅く5裂する。名は、花のつき方を、雀(すずめ)が群れているようすに例えたものである。中国北部原産で、日本へは江戸時代に渡来し、庭木、盆栽、いけ花に使われる。繁殖は実生(みしょう)、挿木、株分けによる。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムレスズメの関連キーワード木萩檀香梅夏藤花蘇芳玫瑰群雀山萩連玉花椒デイゴ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone