ナシケンモン(読み)なしけんもん

日本大百科全書(ニッポニカ)「ナシケンモン」の解説

ナシケンモン
なしけんもん / 梨剣紋蛾
[学] Viminia rumicis

昆虫綱鱗(りんし)目ヤ科に属するガ。はねの開張35~40ミリ。前翅は暗褐色、黒色の横線が多数あって細かく鋸歯(きょし)状をなし、横脈上に小さな黒環がある。後翅は淡褐色。幼虫の食性は広く、樹木、低木、草の葉を食べる。体長約30ミリ。胴部は黒色または橙褐色(とうかっしょく)、各節の瘤起(りゅうき)に白色の毛を密生している。年に2、3回発生する。日本全土にごく普通に産し、都市部の庭にもよく発生する。成虫は灯火に飛来する。

[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ナシケンモン」の解説

ナシケンモン
Apatele rumicis oriens

鱗翅目ヤガ科。多くの果樹農作物などを食害する害虫の一つ。前翅の開張幅 33~42mm。体は太く,体,前翅とも灰黒色,前翅には黒色の条紋があるが目立たない。後翅は灰褐色。普通に多産するガで,成虫は4~9月に2~3回発生する。成熟幼虫は体長 30mmほど,黒色で橙褐色紋を散在し,白色長毛を生する。食性に富み,サクラ,ナシやマメ類などを食べる。日本各地のほか,朝鮮半島,中国,ヨーロッパに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android