ナビス(英語表記)Nabis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナビス
Nabis

[生]?
[没]前192
古代ギリシア,スパルタ最後の王 (在位前 207~192) 。デマラトスの子。クレオメネス3世の改革計画を遂行,新しい立法を行なった。資産階級の財産収し,奴隷たちを解放,平等を実現しようとした。前 205年以後,ローマの東方進出,マケドニア滅亡という困難のなかで,アカイア連盟の将軍フィロポイメンと戦いながらギリシア各地に勢力を伸長したが,最後に敗れ暗殺され,スパルタはアイトリア同盟に占領された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナビス【Nabis】

?‐前192
スパルタ王。在位,前207‐前192年。僭主マカニダスの息子の後見人であったが,その地位を簒奪した。支配体制を固めると富裕者を追放して社会改革を実施,土地を実質的に再分配し,ヘイロータイを多数解放して傭兵とともに市民としてスパルタ市民団を再建した。第2次マケドニア戦争でアルゴスを得て,ここでも社会改革を行った。しかしスパルタの強大化を懸念したアカイア同盟要求で,ローマの将軍フラミニヌスは対スパルタ戦を開始した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のナビスの言及

【スパルタ】より

…しかしスパルタの強大化と改革の波及を恐れたアカイア同盟とマケドニアの軍にクレオメネスは敗れた。寡頭政が一時復活したが,前207年からのナビス治下にスパルタは3度目の改革を経験した。彼は富裕者を追放するとその土地を貧窮者,傭兵,数多くの被解放ヘイロータイに分配した。…

【フィロポイメン】より

…古代ギリシア,メガロポリスの将軍,政治家。スパルタ王クレオメネス3世を破るにあたり武勲をたて(前222),その後アカイア同盟の将軍としてスパルタのマカニダスとナビスを破った。一時影響力を失ったが,前193年ころ以降はアカイア同盟の指導者として活躍。…

※「ナビス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android