コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナベワリ Croomia heterosepala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナベワリ
Croomia heterosepala

ビャクブ科の多年草。関東より西の山林中のやや湿ったところに生える。根茎は横にはい,節間が短く,太い紐状の根を出す。茎は直立し高さ 30~60cm,上部は傾き,上半部に5~7枚の葉を互生する。葉は卵状楕円形で長さ6~15cm,縁は多少波状にちぢれている。4~5月,葉腋に細長い柄で垂れ下がる淡色の花をつける。4枚の花被片は十字形に並び,そのうち1枚は特に大きい。おしべは4本で直立し,葯 (やく) は黄赤色。果実は卵円形で先はとがり2片に分れる。葉は有毒である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナベワリ【Croomia heterosepala (Baker) Okuyama】

暖帯上部から温帯下部にかけての,主として落葉林の林床に生えるビャクブ科の多年草(イラスト)。葉や根茎は有毒成分を含む。和名は〈なめわり〉のなまりで,葉をなめると舌が割れるという意味だといわれる。茎は高さ30~60cmで,4~5枚の葉を2列に互生する。葉は卵状楕円形で先はとがり,基部はやや心形。葉縁は著しく波打つ。葉や植物体のようすはユリ科アマドコロ属の植物に似ている。花は4~5月,葉腋(ようえき)に1個ずつつき,長さ3~5cmの細長い花柄がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナベワリ
なべわり
[学]Croomia heterosepala (Baker) Okuyama

ビャクブ科の多年草。茎は直立し、高さ30~60センチメートル。葉は互生し、5~9本の主脈がある。4~5月、腋生(えきせい)する花柄の先に淡緑色花を1個下向きに開く。花被片(かひへん)は平開し、外花被片の1枚がとくに大きい。常緑樹林内に生え、関東地方南部から九州の太平洋側に分布する。
 ナベワリ属は、日本から北アメリカ東部型の分布をする植物として有名である。[清水建美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ナベワリの関連キーワード

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android