コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナベワリ ナベワリ Croomia heterosepala

3件 の用語解説(ナベワリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナベワリ
ナベワリ
Croomia heterosepala

ビャクブ科の多年草。関東より西の山林中のやや湿ったところに生える。根茎は横にはい,節間が短く,太い紐状の根を出す。茎は直立し高さ 30~60cm,上部は傾き,上半部に5~7枚の葉を互生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ナベワリ【Croomia heterosepala (Baker) Okuyama】

暖帯上部から温帯下部にかけての,主として落葉林の林床に生えるビャクブ科の多年草(イラスト)。葉や根茎は有毒成分を含む。和名は〈なめわり〉のなまりで,葉をなめると舌が割れるという意味だといわれる。茎は高さ30~60cmで,4~5枚の葉を2列に互生する。葉は卵状楕円形で先はとがり,基部はやや心形。葉縁は著しく波打つ。葉や植物体のようすはユリ科アマドコロ属の植物に似ている。花は4~5月,葉腋(ようえき)に1個ずつつき,長さ3~5cmの細長い花柄がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナベワリ
なべわり
[学]Croomia heterosepala (Baker) Okuyama

ビャクブ科の多年草。茎は直立し、高さ30~60センチメートル。葉は互生し、5~9本の主脈がある。4~5月、腋生(えきせい)する花柄の先に淡緑色花を1個下向きに開く。花被片(かひへん)は平開し、外花被片の1枚がとくに大きい。常緑樹林内に生え、関東地方南部から九州の太平洋側に分布する。
 ナベワリ属は、日本から北アメリカ東部型の分布をする植物として有名である。[清水建美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナベワリの関連キーワード精巣上体ジンベイザメ暖帯暖帯林刀に懸けてもホンダワラオオヤマレンゲイタチザメジュウモンジシダ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone