コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナム・カオ Nam Cao

世界大百科事典 第2版の解説

ナム・カオ【Nam Cao】

1917‐51
ベトナム小説家。本名はチャン・ヒュー・チTran Huu Tri。ベトナム北部のハーナム省の中農階層の出身で,ナムディン市で初等教育を受けたあと独学で高等小学校卒業資格をとり,ハノイで教師になった。1940年校舎が日本軍に接収されたため失職,作家トー・ホアイの家に寄食し,家庭教師をしながら知識人や農民の生活に取材した短編を《第七小説》誌などに発表した。41年植民地体制の不正と偽善を暴いた中編《チー・フェオ》を発表して文壇地歩を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナム・カオの関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))牧野省三有島武郎チャップリンTGE-A型 軍用保護自動貨車アポリネールランデール三菱A型第1次世界大戦ロマノフ朝

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android