コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナム・カオ Nam Cao

1件 の用語解説(ナム・カオの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナム・カオ【Nam Cao】

1917‐51
ベトナムの小説家。本名はチャンヒュー・チTran Huu Tri。ベトナム北部のハーナム省の中農階層の出身で,ナムディン市で初等教育を受けたあと独学で高等小学校卒業資格をとり,ハノイで教師になった。1940年校舎が日本軍に接収されたため失職,作家トー・ホアイの家に寄食し,家庭教師をしながら知識人や農民の生活に取材した短編を《第七小説》誌などに発表した。41年植民地体制の不正と偽善を暴いた中編《チー・フェオ》を発表して文壇に地歩を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナム・カオの関連キーワード交趾ベトコンベトナム語ホーチミン市越僑西沙諸島日本ベトナム間賠償借款協定ベトナムのコメ泉大八川本邦衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone