コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナム・カオ Nam Cao

1件 の用語解説(ナム・カオの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナム・カオ【Nam Cao】

1917‐51
ベトナムの小説家。本名はチャンヒュー・チTran Huu Tri。ベトナム北部のハーナム省の中農階層の出身で,ナムディン市で初等教育を受けたあと独学で高等小学校卒業資格をとり,ハノイで教師になった。1940年校舎が日本軍に接収されたため失職,作家トー・ホアイの家に寄食し,家庭教師をしながら知識人や農民の生活に取材した短編を《第七小説》誌などに発表した。41年植民地体制の不正と偽善を暴いた中編《チー・フェオ》を発表して文壇に地歩を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ナム・カオの関連キーワードTGE-A型 軍用保護自動貨車三菱A型文学革命ニコライチャップリン文学革命青山胤通上条嘉門次志賀直哉フェスカ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone