コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナルトミカン

2件 の用語解説(ナルトミカンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ナルトミカン

淡路島原産の柑橘(かんきつ)。花は白色。果実は球形で250〜300g。果皮はだいだい黄色で小さい凹凸があり,厚いが手でむける。果肉は酸味が多少強い。淡路島以外ではあまり普及していない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナルトミカン
なるとみかん / 鳴門蜜柑
[学]Citrus medioglobosa Tanaka

ミカン科の常緑低高木。およそ250年前淡路島で実生(みしょう)から得られたという。耐寒性が温州(うんしゅう)ミカンより弱く、冬季温暖で土壌の深い所を好む。果実は球形から短卵球形で250~300グラム、3~6月に熟す。果面は橙黄(とうこう)色で凹凸があり、果皮は厚さ6~8ミリで質はもろく、皮はややむきにくい。袋の数は10~12、果肉は柔らかく多汁で甘いが酸味も強く、わずかに苦味がある。種子数は多く30粒前後で、単胚(はい)である。[飯塚宗夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナルトミカンの関連キーワード淡路島オレンジ柑橘スウィーティイヨカンシュンコウカン井田昌胖

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone