コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンブーディリパド ナンブーディリパドNamboodiripad, Elamkulan Mana Sankaran

1件 の用語解説(ナンブーディリパドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンブーディリパド
ナンブーディリパド
Namboodiripad, Elamkulan Mana Sankaran

[生]1909.6.14. マラプラム,エラムクラム
インドの政治家。南インドの最高カースト出身。トリチュールの大学を中退して,1932年不服従運動に参加。 34年国民会議派内に社会党が生れると,これに加わったが,第2次世界大戦で地下にもぐり共産党員になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナンブーディリパドの関連キーワードスバルレオポルド2世父の日ピーター・ドラッカーゴッチェジェーンズネットー山路愛山超変成作用分化作用

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone