コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンブーディリパド Namboodiripad, Elamkulan Mana Sankaran

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンブーディリパド
Namboodiripad, Elamkulan Mana Sankaran

[生]1909.6.13. パールガート
[没]1998.3.19. ケララ
インドの政治家。南インドの最高カースト出身。トリチュールの大学を中退して,1932年不服従運動に参加。 34年国民会議派内に社会党が生れると,これに加わったが,第2次世界大戦で地下にもぐり共産党員になった。 43年共産党中央委員,50年政治局員。 57年の総選挙で共産党がケララ州の第一党になると,州首相に選ばれ,インドで最初の共産党州政府を組織。 59年国民会議派の反撃で解任されたが,67年の総選挙で左翼統一戦線を率いて勝ち,69年末まで再び州首相。 64年共産党分裂で,左派共産党 (マルクス主義) の書記長に就任。同党の理論的指導者として著書も多い。 75年6月の非常事態宣言で逮捕されたが,77年3月 I.ガンジー政府退陣後,再び左派共産党の指導者として活動。 92年1月共産党第 14回大会で書記長を辞職。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナンブーディリパドの関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門伊藤博文グリフィススバルマッキム・ミード&ホワイト安井息軒(やすいそくけん)レオポルド2世父の日ピーター・ドラッカー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android