コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンマドール遺跡 ナンマドールいせき

2件 の用語解説(ナンマドール遺跡の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ナンマドールいせき【ナンマドール遺跡】

ミクロネシア連邦のポンペイポナペ)島南東部に位置する古代遺跡。92もの島と、その上に石柱を井桁状に積み上げた多くの建造物が遺されている。その広さは90万m2にも及び、11世紀に栄えたシャーウテール王朝の要塞跡と伝えられる。それぞれの島は王家の墓や住居、守備隊の住居、葬儀の貯蔵などの目的を持って造られているが、これだけの巨石をどのように運んだかや、その実態や建造にたずさわった人たちについては不詳である。◇現地では「はざまの地」といわれている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ナンマドール‐いせき〔‐ヰセキ〕【ナンマドール遺跡】

Nan Madol Ruins》ミクロネシア連邦、ポンペイ島南東部にある遺跡。柱状の玄武岩を積み重ねた巨石建造物からなる。12世紀から15世紀頃、サウテロール王朝の中心地だった場所で、宮殿のような建物や墓などがある。2016年、世界遺産文化遺産)に登録、同時に保全状況の悪さから危機遺産にも登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナンマドール遺跡の関連キーワードカロリン諸島ポナペ島ミクロネシアミクロネシア人ミクロネシア連邦パリキールグアムミクロネシアアイランドフェアポナペ[島]ヤップ[島]オセアニア語派

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナンマドール遺跡の関連情報