コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンマドール遺跡 ナンマドールいせき

世界の観光地名がわかる事典の解説

ナンマドールいせき【ナンマドール遺跡】

ミクロネシア連邦のポンペイポナペ)島南東部に位置する古代遺跡。92もの島と、その上に石柱を井桁状に積み上げた多くの建造物が遺されている。その広さは90万m2にも及び、11世紀に栄えたシャーウテール王朝の要塞跡と伝えられる。それぞれの島は王家の墓や住居、守備隊の住居、葬儀の貯蔵などの目的を持って造られているが、これだけの巨石をどのように運んだかや、その実態や建造にたずさわった人たちについては不詳である。◇現地では「はざまの地」といわれている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ナンマドール‐いせき〔‐ヰセキ〕【ナンマドール遺跡】

Nan Madol Ruins》ミクロネシア連邦、ポンペイ島南東部にある遺跡。柱状の玄武岩を積み重ねた巨石建造物からなる。12世紀頃に建設されたサウテロール王朝の中心地だった場所で、宮殿のような建物や墓などがある。2016年、世界遺産(文化遺産)に登録、同時に保全状況の悪さから危機遺産にも登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ナンマドール遺跡の関連キーワードミクロネシア連邦ソケース島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android