コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーイドゥ

3件 の用語解説(ナーイドゥの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ナーイドゥ

インドの女性詩人,社会運動家,政治家。多くの英語詩集を発表。国民会議派に参加し,会議派最初の女性議長を務めたほか,女性解放運動にも活躍した。詩集《金色の入口》《時の鳥》《折れた翼》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ナーイドゥ【Sarojinī Nāidu】

1879‐1949
インドの女流詩人,政治家。父はベンガル人で,ある藩王国のカレッジ校長をつとめた。マドラス大学卒業後,ロンドンケンブリッジに学ぶ。1898年非バラモンカーストのM.G.ナーイドゥと結婚。第1次大戦ころからベサント夫人らの自治運動,婦人運動ヒンドゥームスリム統合の動きに積極的に参加。1919年のガンディー指導の非暴力抵抗闘争以後,彼の最も信頼厚い補佐役となる。25年の国民会議派カーンプル大会で初のインド人女性議長。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナーイドゥ
なーいどぅ
Sarojin Nydu
(1879―1949)

インドの政治家、詩人。ベンガルブラフマンの出で、ハイデラバード藩王国内のカレッジ校長を父とする。マドラス大学卒業後、イギリスで学んだ。1898年、非ブラフマンのナーイドゥと結婚。帰国後国民会議派の活動に加わり、イギリスの女性運動ベザントらの自治要求運動や、ヒンドゥーとムスリム(イスラム教徒)の統合のため努力。同時に女性運動にも参加。1919年のガンディーの非暴力的抵抗(サティヤーグラハ)闘争以後は一貫して彼の重要な補佐となった。1925年の国民会議派カーンプル大会でインド人女性として初の議長となる。独立後は1947~1949年、連合州知事を務めた。「インドのナイチンゲール」と称され、すぐれた英語詩で知られる。[内藤雅雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナーイドゥの関連キーワードコロンタイサッフォーシットウェルディキンソンブロンテバーラトクリスチーヌドピザンティロス島東インドレスボス島

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone