ニカイア(英語表記)Nikaia; Nicaea

  • 〈ギリシャ〉Nikaia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小アジア,ビチュニアの古都。現トルコのイズニク。前 316年頃マケドニア王アンチゴノス1世が建設してアンチゴニアと名づけたが,まもなく,アンチゴノスを破って小アジア一帯を制圧したリュシマコスが妻の名にちなんでギリシア名ニカイアと改めた。その後ビチュニア王国からローマの支配下に移り (前 74) ,小アジアの交通の要衝として栄え,ビザンチン時代にも重要都市の座を占めた。 325,787年の教会会議およびニカイア信条にその名を残している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(Nikaia) 古代、小アジア北西部にあった都市。三二五年、ニカイア宗教会議が開かれた。現在のトルコ北西部のイズニク村にあたる。ニケーア。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のニカイアの言及

【ニカエア】より

…トルコ西部,イスタンブールの南東約150kmにあるビテュニアの古代都市。ギリシア語名ニカイアNikaia。現在のトルコ名はイズニク。…

※「ニカイア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android