コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニカイア Nikaia; Nicaea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニカイア
Nikaia; Nicaea

小アジア,ビチュニアの古都。現トルコのイズニク。前 316年頃マケドニア王アンチゴノス1世が建設してアンチゴニアと名づけたが,まもなく,アンチゴノスを破って小アジア一帯を制圧したリュシマコスが妻の名にちなんでギリシア名ニカイアと改めた。その後ビチュニア王国からローマの支配下に移り (前 74) ,小アジアの交通の要衝として栄え,ビザンチン時代にも重要都市の座を占めた。 325,787年の教会会議およびニカイア信条にその名を残している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ニカイア【Nikaia】

トルコ、小アジアの北西端にある古代都市。ニケーア。ニカエア。現在名イズニク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のニカイアの言及

【ニカエア】より

…トルコ西部,イスタンブールの南東約150kmにあるビテュニアの古代都市。ギリシア語名ニカイアNikaia。現在のトルコ名はイズニク。…

※「ニカイア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ニカイアの関連キーワードアレクサンドロス[アレクサンドリア]ニカイア=コンスタンチノポリス信条フラビアヌス1世[アンチオキア]コンスタンティノープル公会議エウセビオス[カエサレア]エウセビオス[サモサタ]キュリロス[エルサレム]コンスタンティヌス一世コンスタンチヌス6世カッパドキア三教父ディオ・カッシウスエフェソス公会議ヨハネス(3世)コンスタンチヌスアレクシウス3世ニカエア公会議エウスタチオスボードアン2世テオドルス1世ニカイア公会議

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android