コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコラウス2世 ニコラウスにせいNicolaus II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコラウス2世
ニコラウスにせい
Nicolaus II

[生]?
[没]1061.8.27.
教皇 (在位 1059~61) 。本名 Gerardusブルグンド人。対立教皇ベネディクトゥス 10世に対抗して選出され,この間の混乱を教訓とし,1059年のラテラノ教会会議で枢機卿による教皇選出を定め,教皇選挙令を発布。これにより皇帝と対立状態に入ったが,南イタリアのノルマン勢力と結び,東西両皇帝からの教皇権の独立を得た。ヒルデブラント (のちのグレゴリウス7世) の支持を得て改革を推進した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニコラウス2世の関連キーワードハイドン(Franz Joseph Haydn)ベネディクツス10世ロベール・ギスカールロベール・ギスカール聖職叙任権闘争グレゴリウス9月12日

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android