コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコラオ Nicolao, Giovanni

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ニコラオ Nicolao, Giovanni

1560-1626 イタリアの宣教師。
イエズス会にはいり,天正(てんしょう)11年(1583)来日。長崎,有馬,安土(あづち)などのセミナリヨ(神学校)で絵画,銅版画をおしえる。弟子の作品はキリシタン美術として知られる。1614年マカオにわたり,1626年3月16日同地で死去。66歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

ニコラオ

没年:1626.3.16(1626.3.16)
生年:1560
イタリア人イエズス会宣教師,画家。ナポリ生まれ。1580年イエズス会に入会。天正11(1583)年,日本からの画家要請によって来日。最初の1年長崎と有馬の教会の祭壇画を1枚ずつ描き,同12年から同15年まで京都に滞在。同年伴天連追放令により九州に赴く。文禄1(1592)年,セミナリオ(神学校)での絵画,銅版画,工芸の教授課程設置に伴い,天草,島原半島にある志岐,八良尾,有家,有馬,長崎の各セミナリオで指導に当たり,遠近法,陰影法といった西洋画技法を日本人に伝える。その門下にキリシタン画家の丹羽ヤコブなどがいたらしい。慶長19(1614)年の禁教令によりマカオに追放され,彼の地で死去。<参考文献>坂本満『南蛮美術

(宮崎賢太郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ニコラオの関連キーワードアギオスニコラオスアナパフサス修道院トロードス地方の壁画教会群アギオスニコラオス修道院オシウグレゴリウ修道院コンスタンティノス1世アイオスニコラオスセントニコラス要塞オルタサンジュリオ聖ニコラオス教会ディクテオン洞窟ゲオルギオス2世トロードス山脈サンニコラ教会ビザンチン哲学聖母ケラ教会丹羽ジャコベメテオラ日笠麗奈宣教師

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android