ニコラス ケイジ(英語表記)Nicolas Cage

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
俳優

国籍
米国

生年月日
1964年1月7日

出生地
カリフォルニア州ロングビーチ

本名
コッポラ,ニコラス〈Coppola,Nicolas〉

学歴
アメリカ・コンセルヴァトワール・シアター

受賞
アカデミー賞主演男優賞(第68回,1995年度)〔1996年〕「リービング・ラスベガス」,全米映画批評家協会賞主演男優賞(第30回,1995年度)「リービング・ラスベガス」,D.W.グリフィス賞主演男優賞(第78回,1995年度)「リービング・ラスベガス」,ニューヨーク映画批評家協会賞主演男優賞(第61回,1995年度)「リービング・ラスベガス」,ロサンゼルス映画批評家協会賞主演男優賞(1995年度)「リービング・ラスベガス」,ゴールデン・グローブ賞主演男優賞(ドラマ部門,第53回,1995年度)〔1996年〕「リービング・ラスベガス」,米国映画俳優組合賞主演男優賞〔1996年〕「リービング・ラスベガス」

経歴
父は大学教授、叔父は有名なフランシス・コッポラ監督という、イタリア系名門の出。15歳で俳優を志し、サンフランシスコのアメリカ・コンサーバトリー・シアターのペギー・フュリーに学び「ゴールデン・ボーイ」などの舞台を経験。1982年「初体験/リッジモンド・ハイ」で映画デビュー。’83年「アップタウン・ガール」では主役に昇格。同年叔父コッポラ監督の「ランブルフィッシュ」に主演。’84年「バーディ」でマシュー・モディンと共演して注目を浴びた。’95年「リービング・ラスベガス」でアカデミー賞主演男優賞など数々の賞を受賞。他の出演作品に「月の輝く夜に」(’87年)、「赤ちゃん泥棒」(同)、「ワイルド・アット・ハート」(’90年)、「ハネムーン・イン・ベガス」(’92年)、「不機嫌な赤いバラ」(’94年)、「死の接吻」(’95年)、「ザ・ロック」(’96年)、「コン・エアー」(’97年)、「フェイス/オフ」(同)、「スネーク・アイズ」(’98年)、「シティ・オブ・エンジェル」(同)、「8mm」(’99年)、「60セカンズ」(2000年)、「ウインドトーカーズ」(2002年)、「アダプテーション」「マッチスティック・メン」(2003年)、「ナショナル・トレジャー」(2004年)、「ロード・オブ・ウォー」(2005年)、「ワールド・トレード・センター」「ゴーストライダー」(2006年)、「ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記」「NEXT―ネクスト」(2007年)、「魔法使いの弟子」「バッド・ルーテナント」「ノウィング」(2009年)、「デビルクエスト」「ブレイクアウト」(2011年)、「ザ・レジェンド」(2014年)など。芸名“ケージ”は音楽家ジョン・ケージなどからとった。映画監督やプロデューサーとしても活躍。1995年女優のパトリシア・アークエットと結婚。’99年「救命士」で夫婦共演し、話題となるが、2001年離婚。2002年エルビス・プレスリーの娘リサ・マリー・プレスリーと再婚するが、わずか4ケ月で離婚。2004年韓国系米国人のウェイトレスと結婚。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android