ニジニ・ノブゴロド(読み)ニジニノブゴロド

百科事典マイペディアの解説

ニジニ・ノブゴロド

ロシア西部,ボルガ川とオカ川との合流点に位置する工業都市,河港都市。自動車,造船,工作機械,冶金などの工業が行われる。1221年創設,16世紀以後商業の中心として,その定期市で知られた。アルハンゲリスキー聖堂(1631年)がある。1932年M.ゴーリキーを記念してゴーリキーと改称したが,1990年旧称に復した。第2次大戦後は,軍事産業都市として外国人立ち入りが禁止されていたがソ連解体後は経済改革実験が積極的に推し進められた。125万人(2010)。
→関連項目ラージン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android