ニセショウロ(読み)にせしょうろ

日本大百科全書(ニッポニカ)「ニセショウロ」の解説

ニセショウロ
にせしょうろ / 偽松露
[学] Scleroderma aurantium Pers.

担子菌類、腹菌類ニセショウロ目ニセショウロ科のキノコ。径2~5センチメートルの団子状で地上に生える。その名のようにショウロに似るが、ショウロは砂地のマツ林の地下に埋もれて生える。また、ニセショウロには、ショウロのような弾力性がなくて硬く、成熟すると外皮は不規則に破れて粉々に砕ける。ショウロは食用になるが、本種の仲間には毒性がある。日本産のニセショウロ属には、7種が記録されているが、もっとも普通にみかけるのはタマネギモドキS. cepa Pers.である。タマネギモドキはニセショウロより小形で、初夏から秋にかけて林内や庭の木の下に群生する。表皮は初め白いが暗褐色に変わり、細かい亀裂(きれつ)を生じる。内部も初め白いが、成熟すると紫黒色の胞子の粉塊となる。胞子は球形で紫褐色、表面は短い針状の突起で覆われる。

[今関六也]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android