ニット(読み)にっと(英語表記)nit

翻訳|nit

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニット(輝度の単位)
にっと
nit

MKS単位系の輝度の単位。記号はnit。1平方メートルの面積の平面光源が、その平面と垂直な方向において一様な輝度を有し、その光度が1カンデラであるときに、その方向における輝度をいう。SI単位のカンデラ毎平方メートル(cd/m2)と同じである。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニットの関連情報