ニット(読み)にっと(英語表記)nit

翻訳|nit

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニット(輝度の単位)
にっと
nit

MKS単位系の輝度の単位。記号はnit。1平方メートルの面積の平面光源が、その平面と垂直な方向において一様な輝度を有し、その光度が1カンデラであるときに、その方向における輝度をいう。SI単位のカンデラ毎平方メートル(cd/m2)と同じである。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニットの関連情報