コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MKSA単位系 MKSAたんいけい/えむけーえすえーたんいけいMKSA system of units

知恵蔵の解説

MKSA単位系

MKS単位系」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エムケーエスエーたんいけい【MKSA単位系 MKSA system of units】

メートル法に属する単位系の一種。MKS単位系に電流の単位アンペア(A)を加えて拡張したもので,現今の国際単位系の原型ともいえる重要な単位系である。基本量として長さ,質量,時間および電流を選び,それぞれに対応する基本単位として,メートル(m),キログラム(kg),秒(s)およびアンペア(A)を選んで,これらの組合せにより他のさまざまな量の単位を構成していく単位系である。面積の平方メートル(m2),速度のメートル毎秒(m/s)や電流密度のアンペア毎平方メートル(A/m2)などのほか,特別の名称を与えられた単位,例えば電力・仕事率のワット(W),磁束密度テスラ(T)が,この単位系に含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

MKSA単位系
エムケーエスエーたんいけい
MKSA system of units

基本単位として長さにメートル (m) ,質量にキログラム(kg),時間に秒 (s) ,電流にアンペア (A) をもつ単位系。電磁気量の実用単位ボルト (V) ,アンペア,オーム (Ω) などは,CGS単位に対して過大または過小の値をとるが,有理化された MKS単位に対してはコヒーレントな単位 (→物理単位 ) になっていることが 1901年 G.ジョルジによって指摘された。ジョルジは電磁気量を代表する基本単位としてオームを採用して MKSΩ 単位系を提案したが,そののち計測上の理由からオームの代りにアンペアを基本単位とする MKSA単位系が用いられるようになった。この MKSA単位系は理論的に一貫性をもつコヒーレントな単位系で,適当な大きさの単位量をもつので,実用上も便利である。しかも電磁気の計算を簡略化させるので,次第に広く使用されるようになった。さらに,3つの基本単位を加えて,すべての物理量の単位を包括するように整備したのが国際単位SIである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のMKSA単位系の言及

【国際単位系】より

…35年に独立な電気の単位として電流の単位アンペアを採用すれば電磁気の単位の次元が整数になることが示された。これがMKSA単位系である。このMKSA単位系に熱力学温度のケルビン度と光度のカンデラを加えて熱力学や測光学の分野まで体系化した単位系が国際単位系である。…

※「MKSA単位系」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

MKSA単位系の関連キーワードアンペアターン毎メートル(電磁気学)マクスウェルの方程式マーデルンク定数電磁気の単位系サイクロトロンCGS単位系アンペア回数有理単位系絶対単位系メートル法絶対単位透磁率g因子電場次元