コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンデラ candela

翻訳|candela

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンデラ
candela

光度の SI基本単位で,記号は cd。 1948年の国際度量衡総会で,1cdは1気圧下,白金の凝固点 1772℃にある黒体の平らな表面 (1m2の 60万分の1) の垂直方向の光度と定められた。 60万という数字が採用されたのは,従来の光度の単位である燭にほぼ一致させるためであった。その後 79年の同総会においてこの定義を全面的に改め,カンデラは周波数 540×1012Hz の単色放射を放出する光源の,放射強度が 1/683W・sr-1 である方向における強度,と定められた。単位名はラテン語のカンデーラ (ろうそく) に由来する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

カンデラ

光源の明るさを示す光度の単位で、SIの基本単位の1つ。1979年の国際度量衡総会の決議による定義では「カンデラは、周波数540×10の12乗 Hzの単色放射を放出し、定められた方向におけるその放射強度が683分の1 W毎ステラジアンである光源の、その方向における光度である」。79年以前には、カンデラは白金の凝固温度における完全放射体の輝度に基づいて決められていたが、光放射束の測定精度が向上したため、現在の定義に代えられた。単位の現示は、安定した人工光源を用いて行われる。

(今井秀孝 独立行政法人産業技術総合研究所研究顧問 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カンデラ(candela)

《ラテン語で、獣の油の蝋(ろうそく)の意》国際単位系(SI)の光度の単位。1カンデラは周波数540兆ヘルツの単色放射を放出する光源の放射強度が683分の1ワット毎ステラジアンである方向における光度。1979年に国際的に採用。記号cd

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

カンデラ

メキシコの建築家マドリードに生まれ,スペイン内乱の際メキシコに渡り帰化シェル構造を研究開発し,新しい建築形態を開拓した。作品にメキシコ大学の宇宙線研究所奇蹟の聖処女教会など。

カンデラ

光度の単位で単位記号はcd。国際単位系(SI)の基本単位の一つ。周波数540×1012Hzの単色放射を放出する光源の放射強度が1W/sr(ステラジアン)の683分の1である方向の光度。
→関連項目光度ルーメン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カンデラ【candela】

光度の単位で単位記号はcd。国際単位系(SI)の基本単位の一つ。光度は光源からある方向に出る光の強さを表す量で,図のように光源を頂点として問題の方向を含む微小な錐体を考え,その中に放出される光束(毎秒当りの光量)をその立体角で割ったのが光度である。カンデラが光度の単位として国際的に採用された1948年以前は,燭(しよく)が単位として用いられていた。カンデラと燭は実用上同じ大きさであるが,物理的な内容は前者のほうがより明確であり,スペクトル成分が異なる種々の光に対して厳密に光度値を定めることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

カンデラ【candela】

光度の単位。 SI 基本単位の一。記号 cd  周波数 540×1012 Hzの単色光源の放射強度が683分の1ワット毎ステラジアンである方向の光度。以前は白金の凝固点にある黒体の、1平方センチメートルの光度の60分の1と決めていた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

単位名がわかる辞典の解説

カンデラ【candela】

光度の国際単位。記号は「cd」。光度は点光源からある方向に出る光の量。周波数540×1012Hzの単色光の光源の放射強度が683分の1W毎ステラジアンのとき、1cdになる。40Wの白色蛍光ランプが約300cdである。◇名称は、獣脂ろうそくを意味するラテン語カンデーラ(candela)にちなむ。

出典|講談社単位名がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内のカンデラの言及

【カンテラ】より

…油用灯火具の一種。ポルトガル語のカンデラcandela(燭台)の転じなまった語で,オランダ語ではカンデラールkandelaarといった。おそらく南蛮文物として,その呼名とともに実物も早く伝来したのであろう。…

【照明】より

…物の単位面積(m2)から出る光束(lm)をその面の光束発散度(単位ラドルクスrlx)という。点光源から単位立体角当りに出る光束量(lm)を光度(単位カンデラcd)という。 物の形や色が目に見えるのは,物の面から目の方向へ反射した光が目に入るからであり,窓や光源が目に見えるのは,窓を透過した光や,光源から出た光の一部が目の方向に進んで瞳孔に入り,網膜上に映像を結ぶからである。…

※「カンデラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カンデラの関連キーワードカンデラ(光度の単位)カンデラ毎平方メートルニット(輝度の単位)光度(物理学用語)フェルナンデステルミノス湖Qosmioメートル法スチルブ東京灯標SI単位カンテラザラガスルクスlmNTCD照度lx

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カンデラの関連情報