ニッポン放送(読み)ニッポンホウソウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニッポン放送
にっぽんほうそう

関東地方一円をサービス・エリアとしている民間ラジオ放送局。1954年(昭和29)7月、経済4団体など財界の協力を背景に開局した。文化放送とともにNRN(ナショナル・ラジオ・ネットワーク)のキー局として、わが国民放ラジオ界で主導的な役割を果たしている。つねに新しい世代のフィーリングを的確にとらえた番組、イベントを展開し、70年代なかばから東京の中波ラジオ局のなかでも高い聴取率を維持し続けている。ことに若者に人気のある「オールナイトニッポン」からは、タモリなどのタレントが輩出し、若者文化の「発信地」となった。毎年暮れに行う「ラジオチャリティ・ミュージックソン」などの社会活動やスポーツイベントも積極的に展開している。経営、事業面で、産業経済新聞社、フジテレビジョンなどとともにフジサンケイグループを形成している。96年(平成8)12月に株式を公開、東京証券取引所の二部上場を行ったが2005年7月に上場廃止、同年9月にフジテレビジョンの完全子会社となる。売上高292億円、資本金41億5000万円(2005年3月)。[伊豫田康弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニッポン放送の関連情報