コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニトロシル硫酸 ニトロシルりゅうさんnitrosylsulfuric acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニトロシル硫酸
ニトロシルりゅうさん
nitrosylsulfuric acid

鉛室式硫酸製造の際に析出する中間生成物で,硫酸水素ニトロシル ( NOHSO4 ) をさす。 [NO]+[HSO4]- の塩構造で水と反応して硫酸と亜硝酸になる。このほかにニトロシル硫酸をつくるには,(1) 四酸化二窒素 ( N2O4 ) と硫酸との反応,(2) 二酸化硫黄 ( SO2 ) と濃硝酸との反応,(3) 塩化ニトロシル (NOCl) と硫酸との反応などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニトロシル硫酸
にとろしるりゅうさん
nitrosylsulfuric acid

硝酸式硫酸製造法(鉛室法)における中間生成物に対する俗称で、鉛室結晶、ニトロソ硫酸ともいう。正しくは硫酸水素ニトロシルという。鉛室で水分の供給が不十分なときにできる無色斜方晶系結晶。化学式(NO)HSO4、式量127.1。融点73.5℃(分解)二酸化窒素を濃硫酸に作用させるか、二酸化硫黄(いおう)を濃硝酸に作用させるとき生じる。NO+-HSO4-からなるイオン結晶。乾燥空気中で安定であるが、水分により硫酸と窒素の酸化物に分解する。[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ニトロシル硫酸の関連キーワードゲイ・リュサック塔四酸化二窒素二酸化硫黄亜硝酸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android