ニホンカモシカ(英語表記)Capricornis crispus; Japanese serow

  • にほんかもしか / 日本氈鹿

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

偶蹄目ウシ科。単にカモシカともいう。全長 130cm,肩高 67cm。地方により体色が異なり,本州南部産は普通こげ茶色,本州中部産は灰茶色,東北産は灰白色で,正中線に黒毛を混生する。の角は細く鋭く,の角は太く鈍い。高山獣で,常緑針葉樹帯から草本帯の岩山単独またはつがいで生息する。4~6月に1子を産む。毛皮が良質のため乱獲され,一時期その数が減った。現在,国際保護動物,かつ日本の特別天然記念物の指定を受け保護されている。本州,四国,九州に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。北海道を除く本州、四国、九州に分布する。日本特産種でアオシシ、クラシシ、カモシシ、ニクの呼び名がある。1955年(昭和30)に特別天然記念物に指定されている。頭胴長100~120センチメートル、肩高68~72センチメートル。角(つの)は雌雄ともにあり、8~15センチメートルほどで後方に緩やかに曲がる。目の下の眼下腺(せん)と、ひづめの間の腺が発達している。被毛の色は生息場所により異なり、白色に近いものから茶褐色、黒褐色などがある。一般に標高1000~2000メートルの亜高山から高山帯に生息する。4~6月に1産1子を産む。妊娠期間は約7か月である。

[北原正宣]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のニホンカモシカの言及

【カモシカ】より

…シーローとも呼ばれる。ニホンカモシカC.crispus(イラスト),タテガミカモシカ(スマトラカモシカ,シーロー)C.sumatrensis,タイワンカモシカC.swinhoeiの3種がある。ふつう標高600~3000mの森ややぶのある山の斜面や岩場にすむ。…

※「ニホンカモシカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android