コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニョロ族 ニョロぞくNyoro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニョロ族
ニョロぞく
Nyoro

ウガンダ西部の高地に住む湖間バンツー語系諸族の一民族。人口約 56万と推定される。かつては牛の牧畜も盛んであったが,今日では,主作物として雑穀類やさつまいも,キャッサバ,換金作物として綿花,タバコなどを栽培する典型的な農耕民である。主として牧畜民のヒマ人と農耕民のイル人から構成されているが,アンコーレ族などとは異なり両者はカースト的な身分区別とはなっておらず,また支配階級はナイル語系のビト族がになっていた。約 150の外婚制父系氏族に分れているが,これらは地域集団をつくっていない。伝統的には王ムカマを頂点とする中央集権的な王制をもち,各氏族に世襲的に与えられた多くの儀礼的役職や侍従たちから成る宮廷があった。領土は首長たちに分与されているが,これらの首長職は理論的には世襲的ではなく,王に対する功労や贈り物の見返りとして授与されたものであった。建国にまつわる一連の神話をもち,神話的な王族チュウェジの霊とその憑依儀礼が信仰の中心であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニョロ族の関連キーワードジョン・H.M. ビーティー象徴的二元論チガ族ハヤ族王殺しトロ族呪具

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android