ニーラゴンゴ山(読み)ニーラゴンゴサン

デジタル大辞泉の解説

ニーラゴンゴ‐さん【ニーラゴンゴ山】

Mount Nyiragongo》コンゴ共和国東部にある活火山。キブ湖の北約20キロメートルに位置する。標高3469メートル。ニアムラギラ山とともにビルンガ火山群に属する。成層火山側火山も多い。2002年の噴火の際には溶岩流がふもとのゴマ市街まで及んだ。マウンテンゴリラの生息地として知られるビルンガ国立公園内にある。ニイラゴンゴ山。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android