コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌアディブー岬 ヌアディブーみさきRas Nouadhibou

2件 の用語解説(ヌアディブー岬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌアディブー岬
ヌアディブーみさき
Ras Nouadhibou

旧称カプブラン Cap Blanc。アフリカ北西海岸にある岬で,幅3~10km,長さ 48kmにわたって南方に向い大西洋に突出する半島の先端部をなす。半島は南北軸に沿って西サハラ (西) とモーリタニア (東) とに分割され,西岸にグエラ,東岸にヌアディブーそれぞれ位置する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ヌアディブー‐みさき【ヌアディブー岬】

Ras Nouadhibou》アフリカ北西岸、モーリタニアと西サハラの国境となる南にのびる半島の先端にある岬。沖合は暖流と寒流がぶつかる世界的に知られる好漁場であり、東岸の港湾都市ヌアディブーが漁業基地となっている。ブラン岬

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ヌアディブー岬の関連キーワード欧州共通農業政策CAP帽子(ぼうし)Magic Capブラン岬PaseoCAPADSLシャモニードレリン片岩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone