コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌイイ条約 ヌイイじょうやく Treaty of Neuilly

2件 の用語解説(ヌイイ条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌイイ条約
ヌイイじょうやく
Treaty of Neuilly

第1次世界大戦後,連合国とブルガリアとの間で締結された講和条約。 1919年 11月 27日パリ郊外のヌイイシュルセーヌで調印され,1920年8月9日発効した。 13編 296条からなり,ベルサイユ条約と同様の国際連盟規約が,第1編に含まれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌイイ条約
ぬいいじょうやく

第一次世界大戦の結果、1919年11月27日にパリ郊外のヌイイ・シュル・セーヌNeuilly-sur-Seineで連合国とブルガリアとの間に調印された講和条約。これにより、ブルガリアは、ルーマニアに南ドブルジアを、セルビア人クロアチア人スロベニア人王国(後のユーゴスラビア)にブルガリア西部国境の四地域を、またギリシアに西トラキアそれぞれ割譲し、4億5000万ドルの賠償金および石炭などの物資無償引渡しという義務が課せられた。その結果、ブルガリアは、エーゲ海への出口を失い、多数の自国人を国境外に残し、支払い能力を超える賠償金をかかえることになった。これが、ブルガリアと他のバルカン諸国との間に新たな不和や民族問題を起こす原因となった。[寺島憲治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヌイイ条約の関連キーワードショプロンブルガリア第一次世界大戦同盟国ローザンヌ会議ヌイイー条約連合国共同宣言ルーマニアとブルガリアのEU加盟《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone