ヌオロ(英語表記)Nuoro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌオロ
Nuoro

イタリア西部,サルジニア島中部の都市。サルジニア州ヌオロ県の県都。カリアリ北北東約 125km,オルトベーネ山の山麓に位置する。先史時代から人が住んだが,歴史には 12世紀に登場。周辺地域はサルジニアのなかでも開発途上の地帯で,牧羊が主産業をなしている。人口3万 7487 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌオロ
ぬおろ
Nuoro

イタリア、サルデーニャ島中央部、ヌオロ県の県都。人口3万6281(2001国勢調査速報値)。オルトベネ山麓(さんろく)の台地上にあり、12、13世紀からヌゴロNugoroの名で知られる。周辺には、サルデーニャの先史時代に固有な巨大建造物ヌラーゲの遺跡がある。後進的な農業、牧畜業が支配的なこの地方における行政の中心地である。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android