コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌカボシソウ(糠星草) ヌカボシソウLuzula plumosa; wood rush

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌカボシソウ(糠星草)
ヌカボシソウ
Luzula plumosa; wood rush

イグサ科の小型の多年草。アジア東部の温帯から暖帯に分布し,日本では各地の山野の路傍に普通にみられる。多数叢生して株をつくり,花茎は直立して 25cmほどの高さになる。葉は多くは根出葉で,線形で縁に長い白毛を疎生する。花茎に2~3枚の茎葉がつく。春に,茎頂に集散花序をなして淡褐色の花を数個まばらにつける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヌカボシソウ(糠星草)の関連キーワードイグサ科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android