コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネガワット negawatt

デジタル大辞泉の解説

ネガワット(negawatt)

ネガティブのネガと電力の単位ワットを合わせた造語》使われなかった電力、節電可能な電力の意。米国のエネルギー学者エイモリー=ロビンスが1989年に提唱した概念。節電によって電力の需要量を減らすことは、その分の電力を発電したのと同じ効果がある、という考え方に基づく。→ネガワット取引

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネガワット
ねがわっと
negawatt

電力の使用量を抑制することによって得られた余剰電力のこと。この電力は、発電所が新たに発生させる電力と等価であるという考え方に基づき、節電や省エネルギー対策などによって得られた余剰電力を発電したものとみなす概念である。「マイナスの」という意味の英単語ネガティブnegativeと、電力の単位であるワットwattを組み合わせた造語で、1990年代以降、アメリカのロビンスAmory Lovins(1947― )(エネルギー学、ロッキーマウンテン研究所理事長)が提唱している。
 電力需給が逼迫(ひっぱく)する時間帯に、大企業や工場などが節電や自家発電によって予定消費電力を下回った余剰電力を電力会社が買い取り、電力の不足分に充当する仕組みをネガワット取引という。これにより、発電所新設や設備増設をすることなく、電力を確保することができ、電力料金の抑制方法ともなる。2000年に起きたアメリカのカリフォルニア電力危機を契機に、電力需給対策の一つとして導入された。
 日本では2012年(平成24)夏より、電力需給が逼迫しそうな日を予測し、電力会社が管内の取引先企業から入札方式で余剰電力を買い取るネガワット取引が開始された。この制度はネガワット発電所、節電所ともよばれている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ネガワットの関連キーワード節電所

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネガワットの関連情報