コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネット証券 ネットショウケン

3件 の用語解説(ネット証券の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ネット‐しょうけん【ネット証券】

net broker》⇒インターネット証券

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネット証券
ねっとしょうけん

インターネットを通じ、オンライン株式取引の場を提供する証券会社インターネット証券会社の略称である。オンライン証券ともいう。投資家はパソコン携帯電話携帯端末ネット証券ウェブ画面をみながら自分で投資判断し、注文を出すことができる。株式売買委託手数料の自由化やインターネットの普及を受け、アメリカで1995年に初めてネット証券取引が始まり、日本でも1996年(平成8)に大和証券オンライン取引を開始した。1999年には日本でも株式売買委託手数料が完全自由化され、電機・通信など異業種からの参入でネット証券の開業が相次いだ。ネット証券のうちSBI証券、岡三(おかさん)オンライン証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券の7社を主要ネット証券とよぶことがある。また通常、ネット証券という場合、店舗や営業員をもたないネット専業証券だけでなく、大手・中堅証券会社が提供するオンライン取引をも含める場合が多い。
 投資家は口座開設から、口座番号やパスワードの入手、証券関連情報の収集、投資判断、売買注文、決済までのすべてを、ネットを通じて行うことができる。24時間取引が可能であり、口座開設も従来の証券会社より簡単である。また、ネット証券にとっては、従来の証券会社のような営業員や店舗が必要なく、従来の対面型販売に比べると大幅に間接経費を圧縮できるため、手数料を低く設定できるという利点がある。日本証券業協会の「インターネット取引に関する調査結果」(2013年3月末)によると、2012年10月から2013年3月までの6か月間において、協会員となっている証券会社の全取引のうち、インターネット取引の占める割合は31.7%であった。2012年4月から9月までの22.4%を大きく上回っている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネット証券の関連キーワードインターネットカフェインターネット証券オンライン証券インターネット中毒インターネットTVインターネットバンクインターネットブローカーインターネット割引インターネットスラングインターネット投資

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネット証券の関連情報