ネルソン フレイレ(英語表記)Nelson Freire

20世紀西洋人名事典の解説

ネルソン フレイレ
Nelson Freire


1944.10.18 -
ブラジルのピアノ奏者。
ボア・エスペランサ生まれ。
4歳で公開演奏を行い才能を発揮し、その後ニセ・オビーノ、ルチア・ブランコに師事。1957年給費留学生に選ばれウィーン音楽院に留学し、名教師ザイドルホーファーに師事。’59年から南アメリカ各国で演奏活動を開始。’64年リスボンのヴィアンナ・ダ・モータ国際コンクール第一位入賞。その後’68年ロンドン・デビュー、’69年ニューヨーク・デビューで世界的に知られる。’71年初来日以来数回来日。’81年中国へ演奏旅行。表情の豊かな情熱的な演奏で、ロマン派および母国の大作曲家ビラ・ロボスを得意とする。レコードチャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第一番」等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2012の解説

ネルソン フレイレ
Nelson Freire


国籍
ブラジル

専門
ピアニスト

生年月日
1944/10/18

出生地
ブラジル ボア・エスペランサ

出身地
ブラジル リオデジャネイロ

学歴
ウィーン音楽院

経歴
リオデジャネイロに移住し、ニセ・オビーノ、ルチア・ブランコに師事。1957年12歳でリオデジャネイロ国際ピアノコンクール優勝。’57〜59年ウィーン音楽院でブルーノ・ザイデルホーファーに、その後、ブリュッセルでステファン・アスケナーゼに師事。’59年から南米の各地で演奏活動。’64年リスボンのヴィアナ・ダ・モタ国際コンクールで優勝。その後ヨーロッパでも活動し、’66年西ドイツにデビュー。’68年ロンドンデビュー。’69年にはニューヨーク・フィルと共演して米国デビューし、世界的に知られる。ロマン派および母国の作曲家ビラ・ロボスを得意とする。アルゲリッチとのデュオでも知られる。1971年初来日。

受賞
エディソン賞(オランダ);ディヌ・リパッティ・メダル(ロンドン) リオデジャネイロ国際ピアノコンクール第1位〔1957年〕;ヴィアナ・ダ・モタ国際コンクール第1位〔1964年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android