コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネルンスト効果 ネルンストこうかNernst effect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネルンスト効果
ネルンストこうか
Nernst effect

金属や半導体における熱流磁気効果の1種。温度勾配があり,熱流が流れている導体または半導体に,熱流に垂直な方向に磁場を加えると,両者に垂直な方向に電位差が生じる現象をさす。この電位差を E とし,温度勾配を dT/dx ,磁束密度を B とすると,EQB(dT/dx) が成り立ち,この比例定数 Q をネルンスト係数と呼ぶ。この現象は,電子が磁場によりサイクロトロン運動 (→ラーモア半径 ) をすることに起因する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ネルンスト‐こうか〔‐カウクワ〕【ネルンスト効果】

温度勾配により熱の流れている導体または半導体に垂直な磁界をかけると、熱流と磁界の両方に垂直な方向に電位差が現れる現象。1886年に、ドイツのネルンストとエッティングスハウゼンが発見。ネルンストエッティングスハウゼン効果

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android