コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノイジードル湖 ノイジードルこNeusiedlersee

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノイジードル湖
ノイジードルこ
Neusiedlersee

オーストリア東部ブルゲンラント州にある湖。南端部はハンガリー領で,ハンガリー語でフェルテー Fertöと呼ばれる。面積は約 350km2とされるが,アシ (葦) の茂る部分が多く,それを除くと 152km2,うちオーストリア領は 132km2。湖面の標高は 115m。最大水深は 2m以下と浅く,しかも水位の変動が大きいため,水がほとんどなくなったことが 18世紀以来4回もある。自然の流出河川はなく,ハンガリー側でドナウ川の支流と運河で結ばれている。湖水はわずかに塩分を含む。水鳥が多く,自然保護地区となっており,ウィーン市民の行楽地でもある。またその豊かな自然とともに,複数の国の境に位置する地理的事情から,古来異文化との交差点としての場を提供してきた。湖岸のおもな町はノイジードルアムゼーとポーデルスドルフ。湖岸一帯は良質のワインの産地。 2001年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ノイジードル湖の関連キーワードブルゲンラント

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノイジードル湖の関連情報