コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノイマン=コップの法則 ノイマン=コップのほうそく Neumann-Kopp's law

2件 の用語解説(ノイマン=コップの法則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノイマン=コップの法則
ノイマン=コップのほうそく
Neumann-Kopp's law

常温では固体化合物のモル熱容量はその成分元素の原子のモル熱容量の和にほぼ等しいという実験法則。 F.E.ノイマン (1831) と H.P.M.コップ (1864) が見出した。ただし元素のモル熱容量としては,デュロン=プチの法則に従う元素については 26J/K・mol,従わない元素については次の値を用いる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ノイマン=コップの法則【ノイマンコップのほうそく】

固体化合物のモル比熱は近似的にその成分元素の原子熱の和に等しいという経験法則。1831年F.E.ノイマンとH.F.M.コップ〔1817-1892〕が発見。
→関連項目ノイマン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のノイマン=コップの法則の言及

【ノイマン】より

…29年にケーニヒスベルクの大学で鉱物学と物理学の教授となり,鉱物の比熱の研究や,結晶中や非晶質中での複屈折の研究を行った。31年,コップHermann Franz Moritz Kopp(1817‐92)とともに固体のモル比熱が近似的に成分元素の原子熱(1グラム原子に対する熱容量)の和に等しいというノイマン=コップの法則を見いだした。45年には,レンツの法則に基づいて誘導電流の法則を数学的に定式化し,ノイマンの法則を導出した。…

※「ノイマン=コップの法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノイマン=コップの法則の関連キーワード比熱モル比熱定圧モル比熱定積モル比熱定容モル比熱系統名固体比熱の法則ネルンストの近似式(平衡定数)ノイマン‐コップの法則ピッツァーの式アゾ化合物ジアゾ化合物熱容量ノイマン=コップの法則定比化合物不定比化合物加成性分解熱揮発性化合物ノイマン‐コップの法則

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone