コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノイマン‐コップの法則 Neumann-Kopp rule

法則の辞典の解説

ノイマン‐コップの法則【Neumann-Kopp rule】

固体のモル熱容量は,構成元素のモル熱容量の和に等しい.これは液体化合物においてもほぼ同じように当てはまる.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノイマン‐コップの法則
のいまんこっぷのほうそく
Neumann-Kopp's law

固体のモル熱(モル熱容量)は成分元素の原子熱(原子熱容量)の和に近似的に等しくなるという法則。ドイツのF・E・ノイマンが1831年に、化合物の分子量と比熱の間には、デュロン‐プチの法則と同じような関係があるというノイマンの法則を主張した。またドイツのH・F・M・コップは1864年にこの法則を確認し、さらに拡張してこれには加成性がある(化合物のある性質を表す量の値が、その成分についての量の値の和として表せる場合に、その性質には加成性があるという)ことを示した。これをまとめてノイマン‐コップの法則といっている。この法則は合金の場合にもっともよく適用される。デュロン‐プチの法則が成立する固体元素については、原子熱として6.2cal/degを用い、それ以外の(あるいは常温で気体の)元素には、たとえばO:4.0、H:2.4、F:5.0、Cl:6.5cal/degなどの値を用いると、実測値によく一致するモル熱が得られる。[戸田源治郎・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ノイマン‐コップの法則の関連キーワードコップ(Hermann Franz Moritz Kopp)ノイマン(Franz Ernst Neumann)コップ‐ノイマンの法則固体比熱の法則

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android