コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノイマンコップの法則 ノイマンコップノホウソク

デジタル大辞泉の解説

ノイマンコップ‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【ノイマンコップの法則】

固体のモル比熱は、近似的にその固体を構成する成分元素の原子熱の和に等しいという法則。ドイツのF=E=ノイマンとH=F=M=コップが見出した。合金の場合に最もよく成り立つ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android