コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノイマンコップの法則 ノイマンコップノホウソク

デジタル大辞泉の解説

ノイマンコップ‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【ノイマンコップの法則】

固体のモル比熱は、近似的にその固体を構成する成分元素の原子熱の和に等しいという法則。ドイツのF=E=ノイマンとH=F=M=コップが見出した。合金の場合に最もよく成り立つ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android