ノウタケ(脳茸)(読み)ノウタケ(英語表記)Calvatia craniiformis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノウタケ(脳茸)
ノウタケ
Calvatia craniiformis

担子菌類腹菌目キツネノチャブクロ科。夏秋の頃,林下の地上に発生する。倒卵形またはなし形で高さ4~7cm,径3~6cm,頭部茶褐色で脳にみられるようながある。成熟すると表皮がはげ落ち,茶褐色の内部,胞子と弾糸が現れる。北海道,本州九州ヨーロッパ,北アメリカに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android