ノウタケ(脳茸)(読み)ノウタケ(英語表記)Calvatia craniiformis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノウタケ(脳茸)
ノウタケ
Calvatia craniiformis

担子菌類腹菌目キツネノチャブクロ科。夏秋の頃,林下の地上に発生する。倒卵形または洋なし形で高さ4~7cm,径3~6cm,頭部は茶褐色で脳にみられるような皺がある。成熟すると表皮がはげ落ち,茶褐色の内部,胞子と弾糸が現れる。北海道,本州,九州,ヨーロッパ,北アメリカに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android