コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノガンモドキ seriema

世界大百科事典 第2版の解説

ノガンモドキ【seriema】

ツル目ノガンモドキCariamidaeの鳥の総称,またはそのうちの1種を指す。この科はノガンモドキChunga cristataとクロアシノガンモドキC.burmeisteriの2種からなる。解剖学的にはツル科にもクイナ科にも似ている点がある。全長76~90cm。両種ともにくびと脚と尾が長く,くちばしはやや扁平で,わずかに下に曲がっている。あしゆびは短いが,その基部には小さな水かきをそなえている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノガンモドキ

アカノガンモドキ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノガンモドキ
のがんもどき / 野雁擬
seriema

鳥綱ツル目ノガンモドキ科に属する鳥の総称。この科Cariamidaeは、カンムリノガンモドキCariama cristataとクロアシノガンモドキChunga burmeisteriの2種からなり、前者はブラジル東部からアルゼンチン北部まで、後者はパラグアイからアルゼンチン北部まで分布する。全長76~91センチメートル。どちらも小形のツルほどの大きさで、足が長い。羽色は灰褐色で、下面は背面より淡く、全体に細かい虫食い模様がある。長い足は、カンムリノガンモドキでは赤く、クロアシノガンモドキでは黒い。低木の生えた草原や平原にすみ、地上を歩きながら昆虫類、小形のヘビやトカゲ、小哺乳(ほにゅう)類、種子や葉などを食べる。飛ぶことはできるが、走るほうがうまく、飛んでもすぐ地上に降りる。巣は低木の上につくり、1腹2、3個の卵を産む。鳴き声が大きいので、原住民はこの鳥の雛(ひな)をとらえて飼い、ニワトリなどの番をさせる。また食用にするため、狩猟の対象とする。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例