コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノトルニス notornis

3件 の用語解説(ノトルニスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ノトルニス【notornis】

ツル目クイナ科の鳥。ニュージーランドの特産種で,長い間観察されたことがなく,絶滅したと思われていたが,1948年に少数の個体が生き残っていることが確かめられた。全長約63cm。羽色は全体に青紫色で,背中はオリーブ色を帯び,くちばしと額板は赤い。下尾筒は白色。この鳥は飛行力がなく,もっぱら地上で生活している。頭部は体の大きさの割りに大きく,くちばしは短く,たいへん太く,脚も本種の含まれるセイケイ属の他の鳥よりやや短くて太い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノトルニス
ノトルニス

タカヘ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノトルニス
のとるにす
takahe
[学]Porphyrio mantelli

鳥綱ツル目クイナ科の鳥。全長約60センチメートル。セイケイに似た鳥で、全身青紫色、背は緑色が強い。嘴(くちばし)は非常に太く、嘴と足は肉色、額板は赤色。雌雄は同色。翼は小さく、飛ぶことはできない。ニュージーランドの特産種で、19世紀末までに絶滅したと思われていたが、1948年、ニュージーランド南島の標高1000メートルの高地にあるテ・アナウ湖周辺に少数が生き残っていることが確認された。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノトルニスの関連キーワードニュージーランド亜区ニュージーランド海驢とうほくニュージーランド村ニュージーランド交響楽団ロトルア・ニュージーランドマラソンニュージーランド学会ニュージーランドワインニュージーランドマアジニュージーランド・ハンタウェイニュージーランド馬衣 (New Zealand rug)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone