コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノボシャフチンスク ノボシャフチンスクNovoshakhtinsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノボシャフチンスク
Novoshakhtinsk

ロシア南西部,ロストフ州の都市。州都ロストフナドヌーの北約 60kmにある鉱工業都市。ドンバス (ドネツ炭田) の東縁部にあり,採炭中心地として発展し,1939年市となった。採炭業のほか,化学,縫製,醸造,製粉などの工業がある。ロストフナドヌーと鉄道,ハイウェーで連絡。人口 11万1087(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノボシャフチンスク
のぼしゃふちんすく
Новошахтинск Novoshahtinsk

ロシア連邦南西部、ロストフ州の工業都市。人口10万3100(1999)。ドネツ丘陵の南東部に位置する炭鉱中心地。炭鉱のほか、繊維、食品などの軽工業がある。市制施行は1939年で、新しい都市である。[渡辺一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ノボシャフチンスクの関連キーワード渡辺一夫

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android