コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノマドロジー nomadologie(仏)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノマドロジー
nomadologie(仏)

ノマド (遊牧民) からの造語。ノマディズムともいう。 G.ドゥルーズ,F.ガタリの用語。定住民が閉じられた空間を人間たちに分配する機能を持つのに対し,ノマドの経路は人間たちを開かれた空間内に分配する。したがってノマドロジーとは,ヨーロッパ思想が追い求めてきた,自己同一的なるものへの固定・固着と対立するもので,完結性・閉鎖性さらに国家機構から離脱したり,それを破壊するもの (脱属領化) で,常に運動のさ中にあって「外」や「他」と変幻自在の関係をもって,自己を壊しつつ,自己をつくっていく多義的・多型的生を徹底的に生きる生の在り方である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ノマドロジーの関連キーワードリオタール(Jeanポスト構造主義

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android